本文へ移動

先輩達の声

先輩たちの声

美作大学卒業生

 私は泉の園で生活支援員として働いています。泉の園は入所施設で利用者の方の生活を24時間・365日支援しています。日々、利用者の方の体調や情緒も変化があり、障がい特性も様々ななかで、支援を行っていくのは大変ですが、先輩たちが手助けしてくれ、色々なことを教えてくれます。また、利用者の方から学ぶことも多くあり、助けてもらっています。
 働くことはどの職種であっても大変だと思いますが、福祉(障がい)の分野でも大変さを感じています。利用者の方とどう接していくか、どのような支援が必要かを学んでいくことに日々悩んでいます。また、利用者の方が生活している場であるため、命に関わることもあり、責任を持って関わっています。そして、学んできたことと現場でのギャップを感じることもあります。様々大変なことはありますが、その反面、やりがいを感じることもあります。利用者の方の笑顔を見ることができたとき、感謝されたとき等は、頑張っていて良かったと思います。
 私はまだ1年目で、わからない事ばかりですが、自分も成長できるよう泉学園で働いています。皆様も障がい分野に興味があれば泉学園も視野に入れてみればいかがでしょうか。
来てね
 私は、今年の4月から『桑野フレンドリーハウス』で働いています。まだまだ仕事には慣れないですが、日々利用者の方と会話をしたり活動をしたりして、とても楽しい毎日を過ごしています。また、先輩職員の方々も明るい方ばかりでとても働きやすい職場です。
皆さんも一緒に働きましょう!

旭川荘厚生専門学院卒業生

 私は「泉の園」で生活支援員として働いています。専門学校では「保育士」の資格を取得しました。入職して4ヶ月が経ちましたが、利用者の方々への支援に関しては、まだまだ不安な事がたくさんあります。利用者の方々も様々な障害特性もあり、もちろん私達の様に好き嫌いがあります。そのような特性を理解し、向き合っていかなければなりません。ですが、きちんと向き合っていけば利用者の方との距離が縮まりよりよい支援を行っていけると思っています。
 現場では楽しい事もあれば苦しい事もありますが、毎日やりがいを感じられ、たくさんの支援方法や知識を学ぶ事ができます。困った時は、周りの職員はもちろん利用者の方からも支えてもらい、日々感謝しています。これからたくさんの事を経験していくと思いますが、その経験を大切にし、自分らしい支援が行えるように日々努力しています!
 泉学園が気になった方はぜひボランティアや職場見学に参加してみてください!!

吉備国際大学卒業生

 私は、「なずな」で生活支援員として働いています。利用者さんは障がいの重い方が多いですが、毎日、たくさんの笑顔であふれています。
 言葉でのコミュニケーションをとれる方も少なく、初めは戸惑い、悩む事も多くありましたが、利用者の笑顔に癒され、先輩方に励まされ、やりがいを感じながら一日一日を過ごしています。
 皆さん、私たちと一緒に働きませんか?ぜひ一度来てみて下さいね

川崎医療福祉大学卒業生

 私は泉の園で生活支援員として働いています。大学では心理学を学び、専門学校で「精神保健福祉士」の資格を取得して現在に至っています。入職3年目になりますが、まだまだ分からないことはたくさんあると思います。でも、利用者さんという人一人と向き合っていくので分からないことがあるのは当たり前だなと思っています。困ったときは、周りの先輩職員や利用者が支えてくれるので、非常にありがたいことだなと思う日々です。楽しいことやもちろん悲しいこともありますが、とても充実した職場だとおもっています。泉学園の良い所は利用者や職員の笑顔だと思っています。暖かい雰囲気に包まれながら、和気あいあいとやっています。少しでも、泉学園に興味を持たれたのならぜひ私たちと一緒に働きましょう。

近畿大学九州短期大学・岡山情報ビジネス学院卒業生

 私は「泉の園」で生活支援員として働いています。学生時代に泉学園の他事業所で作られている”クッキー”に出会い、そしてその大好きなクッキーから泉学園に出会い、現在に至ります。
 働き始めて4年目である私は、利用者の方の気持ちをなかなか汲み取ることができず、失敗することや悩むことが多々あります。しかし、一緒に過ごさせて頂く時間が増えるごとに利用者の方の「思い」に近づくことができ、その「思い」を共有できた時の何とも言えない嬉しい気持ちが、今の私にとって大きな原動力になっています。大変だと思うことも嬉しいと思うことも両方がこの仕事のやりがいだと私は思います。
 少しでも興味を持たれた方、ぜひ一度泉の園にお越しくださいそして一緒に働きませんか

関西福祉大学卒業生

 私は「泉の園」で生活支援員として働いています。初めは利用者の方の言葉や行動の意味を理解するのが難しく、「どのように接すればよいのだろう」と悩むことがありました。話しかけても反応してくれなかったり、怒ってしまうこともあったりし、挫けそうなこともありました。しかし、その時に先輩職員からアドバイスやフォローしてもらい、利用者の方との距離を縮めることができました。時間をかけて接していくことで、利用者の方の性格や好みを理解することができるようになり、利用者の方から「一緒にしよう」と声をかけてもらえるようになった時は本当にうれしかったです
 今では5年目となり、利用者の方との距離もより近くなり、楽しい時を共有できることがとても幸せな時間だなと感じています。辛いこともありますが、それでも利用者の方の笑顔や「ありがとう」「楽しかった」「うれしかった」等の言葉一つでやる気になれます。みなさんも同じような経験をしてほしいなと思います。
 ぜひ、一緒に働きましょう

新見公立短期大学卒業生

 私は「泉の園」で生活支援員として働いてします。働き始めて約5か月が経ちました。利用者の方との関わり方や支援方法などまだまだ私には難しいな、出来ていないなと感じることが多いです。しかし不安に感じている事について先輩職員にアドバイスを頂いたり、利用者の方との関わりを見て学んだりし、自分なりに支援が行えるよう努力しています。
 私がやりがいを感じる時は、利用者の方が関わりの中で笑顔が見られたり、嬉しそうであったりした時です。そんな時間が増えるよう、利用者の方一人ひとりと向き合い、特性や性格に合った支援を行っていきたいと思っています!
 泉学園に少しでも興味を持たれたら、是非ボランティアや見学に来てください! 一緒に働きましょう!
 私は泉の園の生活支援員として働いています。障がいを持たれている方の笑顔に心を打たれ、この仕事に就くことを決めました
 最初は思うようにいかず、利用者の方の気持ちを十分に汲み取れない自分を悔しく思い、くじけそうになることもありました。けれど、どんな時でも側にあったのは、キラキラした利用者の方の笑顔でした。この仕事に就きたいと思わせてくれた「笑顔」に、私はいつも励まされ、毎日力を貰っています。利用者の方と一緒に笑い、時にはぶつかり合ったり、共に涙したりしていく中で、私は日々たくさんのことを学ばせて頂き、支援員として人として成長させて頂いています。利用者の方の言葉や笑顔の一つ一つに重みがあり、本当に感動の毎日です。自分らしく働けるこの仕事に就けたことをとても嬉しく思っています
 皆さんも是非笑顔いっぱいの泉の園で一緒に働きませんか

神戸医療福祉大学卒業生

よろしくね
 私は泉学園へ入職し8年目になります
 はじめは利用者さんのことより自分のことを考え、周りが見えず生活支援員として戸惑うことがありました。しかし先輩からのアドバイスや利用者さんを知ることで気持ちに変化がありました。
 現場では楽しいこと、苦しいこと様々ですが、利用者さんと時間を共有することでいろいろなことが見え、学べば学ぶほど奥が深い仕事だと思います。人を支えること、支援することは大変ですが、利用者さんより「ありがとう」「お疲れ様」と言われると、次もがんばろうとパワーを貰います。責任も重大ですが、こんなに人と深く関れる仕事はないので、これからも続けたいと思います
 皆さん、ぜひ一緒に働きましょう
社会福祉法人泉学園
〒702-8026
岡山県岡山市南区浦安本町190
TEL.086-264-2882
FAX.086-264-2998
----------------------------
----------------------------
1
7
4
7
8
6
TOPへ戻る